デジタル系ガジェット

Windows民おすすめ。シンプルで必要十分、Anker 4-Port Ultra-Slim USB 3.0 Hub

僕の使用しているノートPCには、USBポートが2つ付いています。
1つは有線スピーカーに接続しているため、自由に使用できるUSBポートは必然的に残り1つになります。

その1つをめぐって、外付けHDD、カードリーダー、VDドライブなどをその都度抜き差しするのが面倒になり、USBハブが欲しいと思っていたのですが…。

USB-Cハブは洗練されている物が多いのですが、USB Type-Aのハブはごちゃごちゃした印象の物が多いんですよね。

わざわざ変換機を使うのもなんか違うしな…と思っていましたが、意外と身近なメーカーがシンプルなデザインの物を出していたので、ついに購入しました。

Anker 4-Port Ultra-Slim USB 3.0 Hub

まず特筆すべきは値段の安さ。税込で1,349円

正直、デザインの納得できるものであれば10000円までなら…と考えていたので、予算内に収まりすぎて他に何を買ってやろうかと考えている所存。

どシンプルな外観。全てがマットブラックで覆われています。

低予算に抑えるぞ的な貧相シンプルではなく、ミニマルに仕上げることを目的としたシンプルさです。

大好きなのがこの端子部分。長方形のみで構成された美しいフォルムです。

上下がわかりやすいように付いているUSBマークや、ブランドロゴも入っていないのでスッキリ。

上が一般的なUSB-A端子、下が4-Port Ultra-Slim USB 3.0 Hubの端子です。
スッキリさが段違いなのがわかります。

挿した状態もスッキリ。

ハブの方も、同系色でやや光沢がある「ANKER」の印字があるのみ。

角に丸みを持たせたフォルムです。

4ポートのみ。

USBを挿入すると、青くランプが点灯します。

機能

超軽量

なんと約30gと超軽量なので、持ち運びも余裕です。
USBポートから電源供給を受ける、バスパワー式なのでアダプター等もありません。
というか今時ハブでセルフパワー式はあまりないかもしれません。
同じバスパワー式の外付けHDDを使用してみましたが、ハブは全然熱くなりませんでした。  

ポート拡張

パソコンに1ポート接続することで、ハブの4ポートが使用可能になります。 個人的にはSDカードリーダーが付いていれば嬉しかったですが、値段を考慮すればそこまでは難しいよなと自分を納得させています。  

高速データ転送

USB3.0対応なので、最大5Gbpsのデータ転送速度となります。画像・動画の転送などでは恩恵を感じると思います。  

高い堅牢性

ケーブルの堅牢性に定評のあるANKERなので、保護性能には問題ないと思われます。
ちなみにケーブルはかなり堅めです。全然くるんってなりません。    

Windows民におすすめ。

最近のMacはUSB-Cで統一されているので使用できませんが、Windowsはまだまだ現役でUSB-Aが搭載されています。

コスパ重視かつシンプルなハブを検討の方、おすすめです。