グッズ

リザード革を纏ったスモールウォレット。BRU NA BOINNE (ブルーナボイン)

10年以上相棒として使っていたglambの長財布&blackmeansのコインケースですが、立て続けに破損してしまいました。

インパクト抜群! blackmeans(ブラックミーンズ)コインケース 僕は普段、財布とコインケースを持ち歩いています。正直、持ち物が2つになるので邪魔くさいと思うことがあるし、会計の時にお札は財布、小銭は...

絶望に暮れましたが、これも神の啓示と思い財布を新調。

これまで長財布+コインケースというスタイルでしたが、押し寄せるキャッシュレス社会も踏まえて、財布の小型化に挑戦しました。

BRU NA BOINNE(ブルーナボイン)というブランドの、リザードヌバック スモールウォレットです。

BRU NA BOINNEとは。

1997年に設立したドメスティックブランド。遊び心にあふれたアイテムばかりで、見ていて心が躍ります。

アパレルはもちろんのこと、小物にも力を入れています。
特にウォレットシリーズは定番のスエード・クロコ(ワニ)・パイソン(蛇)素材に加えて、シーズンによってゴート(ヤギ)バッファローなど特殊な革を使用しており、力の入り具合がうかがえます。
サイズ展開も3種類と幅広いです。

  • ロングウォレット(長財布)
  • ウォレット(二つ折り財布)
  • スモールウォレット(ミニ財布)

今回、僕が購入したのはリザード(トカゲ)革スモールウォレット
牛革とは一味違った風合いです。

BRU NA BOINNE リザードヌバック スモールウォレット

各パーツと素材。

素材は表革を起毛させた、ヌバック仕上げのリザード革です。マットな風合いのブラック。

2か月ほど使用していますが、まだ質感はほとんど変わっていません。

このツブ感たまりません。近くで見るとトカゲっぽいです。

革製品の王者である牛革に比べ、リザード革は生産数も限られ今後の生産も安定していないそうです。

ショップ店員さんいわく、「BRU NA BOINNEから今後この革シリーズが出るかはわからず、これきりになる可能性もある」とのこと。
これもめぐり合わせ。

ジップはYKKの中でも最高級ラインのEXCELLAを使用しており、非常に滑らかです。

金具部分に光るのは、ブランドのアイコンであるドングリ型のチャーム。
黒ボディに金ジップが映えます。
ジップもチャームも真鍮素材のため、革だけではなくここにも経年変化が楽しめます。

そして、持ち手に飾られた革のフサとビーズ。
ビーズは100年以上前のアンティークビーズを使用しており、1点1点組み合わせが変わります。
おそらく、僕の持っているこの赤・青・緑の信号カラーが世界一かっこいい組み合わせです。

内側はベージュカラーの柔らかな牛革を使用しています。
内側までリザード革だと「傷つかないように…」と気を使うので、これが正解、と勝手に確信しています。

ちょうどいい使用感。

  • 右:カードホルダー4枚分
  • 真中:袋状になっており、小銭入れ・お札収納用
  • 左:予備ゾーン
  • マチ:約2cm

カードホルダーは4枚分です。
しかし4枚すべて入れるとパンパンになるので、免許証・保険証の2枚を入れています。
出し入れはしづらいので、使用頻度が低いけど必須なカードを入れます。

真中

袋の中に小銭、外側にお札をスッと入れています。

小銭は溜まっていくので、家に帰った時に貯金箱に入れています。

左の予備ゾーンには使用頻度が高いクレジットカード、銀行キャッシュカードの2枚を入れています。

マチ

約2cmというのは、コンパクト財布の中では厚めな部類ではないでしょうか。

僕は香川県在住ですが、うどんを食べに行った時にクレジットや電子マネーで支払える店は数えるほどしかありません。
まだまだ地方では現金主義で、キャッシュレスとは言い難い現状です。

だからこそ、小銭やお札が増えても財布の形が崩れない、ある程度マチのある財布はとても重宝します。

最強の相棒。

コンパクトな財布だとフットワークも軽くなります。
今までコインケース+長財布という物量マックスだったので、余計そう感じるのかもしれません。

仕事や用途によって様々な財布スタイルがありますし、感じ方が変わればいいと思うことも変わると思います。

僕は、今までの財布スタイルも最高だったけど、今の気分には「BRU NA BOINNE スモールウォレット」がちょうどいいと思っています。

皆さんも、破損や紛失には気を付けて、良き財布スタイルを!