バッグ

堅牢なポーチ。BRIEFING(ブリーフィング) JOINT 2WAY ZIP TOP

大事なガジェットたちを持ち運ぶ、手ごろなサイズ感のポーチ、見つけました。
他の方のブログを見たり、ECサイトをサーフィンしたりと、ネットを中心に探していたのですが、出会いはふらっと実店舗に足を運んだ時。理想的すぎて、即購入しました。
自分にとって、現時点でのベストポーチです。

BRIEFING(ブリーフィング) JOINT 2WAY ZIP TOP

2WAYという名前の通り、ベルトを通すとショルダーバッグ、外すとポーチになります。
僕はベルトを外し、ガジェット兼日用品のポーチとして使ってます。
大きすぎず小さすぎず、サイズ感ほんと最適。

カラーはオリーブ。
パーツによってカラーの変化がありますが、色味が揃えられており、統一感があります。
「武骨」という言葉が具現化したようなポーチです。

このインパクト抜群の太ナイロンテープと、唯一の差し色である赤ステッチが、ブランドを象徴しています。
このナイロンテープですが、補強効果に加え、専用クリップが付いたポーチなどを装着するためのものだそうです。
実際装着している人は見たことないですが。

BRIEFINGのバッグたちはミルスペックのため、破れや摩耗、劣化には超絶強いです。
600デニールポリエステルという厚めの頑丈素材に、内側はコーティングされているので、防水性もあります。(完全ではないですが)

ミルスペックとは、米国が定めている厳しめのクオリティ基準。主に軍事産業や航空産業で求められるものです。めちゃ頑丈ってことです。

収納

外ポケット×1
メインポケット×1(中に小分けポケット×2)の構成です。

ジップがボディと完全同色で、カラーごとに揃えてあります。
また、外側に面するジップには、太めの紐が付いていてつかみやすいです。手袋してても余裕。
ちなみにこの紐の色も、カラーによって変わります。 こういうこだわり、大好き。

外ポケット

外ポケットはサイズ控えめ、マチはほぼなしです。
僕は普段目薬を入れてますが、名刺入れやミンティア、ポケットティッシュなど薄めのものであれば入ります。


さっと取り出したいものを入れましょう。

メインポケット

メインポケットはダブルジップ。これは高ポイント。


そして、この本来はポーチを引っかける用途のDカンが、メインポケットの開閉時にちょうど良い持ち手になってくれます。

これ全て、メインポケット内に入っているモノです。
マチはかなり広めに取られていて、なんでもぽいぽい入れてます。

カメラのレンズも、大振りでなければ2本程度はすっぽり入ります。ただ、内部にクッション性はないのでおすすめはしません。

中は小分け用のジップポケットと開放ポケットが両側についています。
ジップポケットの方には、カメラ用のSDカードなど、一番ダメになったら困るモノを入れてます。

開放ポケットには、基本何も入れていません。
理由は、持ち運ぶ内にいつの間にかポケットから出ている&外ポケットに入れた目薬で圧迫されてあまりモノが入らないからです。

現代人こそポーチを。

モバイルバッテリーやイヤホンなど、細々としたガジェット類が必要不可欠な時代です。鞄に直入れしたり、全然気に入ってないポーチを使っている方にはぜひ検討してほしいポーチです。

created by Rinker
BRIEFING(ブリーフィング)
¥10,450 (2020/06/05 22:03:26時点 Amazon調べ-詳細)