日常

月に1回のみ!岡山県の備前岡山京橋朝市に行ってきた

先日、岡山県の京橋朝市に行って参りました。朝5時30分出発で。男4人で。

京橋朝市とは

第1日曜日月1回のみ開催される、岡山市中心部の河川敷で催されている朝市。
その場で食べ歩きできるような屋台から、野菜やパンの販売など様々な楽しみ方が出来ます。

公式上は、午前4時~午前10時の開催となっていますが、facebookを見る限り、午前4時に行ってもまだ準備中です。
日の出くらいでお店を開け始めるところが多いみたいです。
8時過ぎたあたりから次第に店が閉まりだす為、早めの来訪が吉。

あと、ここはアルコール禁止です。販売、持ち込み両方アウト。
清らかなシラフで楽しみましょう。

いざ参戦。

近くのパーキングに車を停め、いざ徒歩にて参戦。

ちなみに、冬の参戦は鬼のように寒いので注意。
河川敷という環境が更に心身を追い込んできて、何度引き返そうとしたか。しかし、心を強く持ち会場にたどり着くことで報われるので頑張りましょう。

着いた時、空にはまだ月が見えました。

これが6時過ぎくらいの様子です。河川敷上の歩道通りにずらーっと並んだ形と、川沿いにごちゃっと集結させたような形でお店がありました。

売り物いろいろ。食べ歩き目的で行ったのですが、ちょいちょい持って帰る物も買ってしまいました。

あと、ネギをまるごと持っている人が多かったです。朝市玄人はネギを買う、みたいなのがあるのかもしれません。

それと、焼き鳥系のお店が多かったです。

寒すぎて死にそうだったので、とりあえず豚汁。骨まで滲みました。

イノシシ肉もいただきました。臭みは感じませんでしたが、歯ごたえしっかりで、獣食ってんな感がありました。

スンドゥブと温豆腐。朝なのでちょっと胃が本調子じゃない…という場合でも、豆腐ならスルスル体内に入ってきます。

焼き鳥系の店で1番並んでいたお店。鶏肉がデカイ。煙と光の加減で、神々しい感じになっています。

うますぎワロタ。

カレーめちゃんこ美味しかったです。

締めはぜんざい。ぜひ、目の前で餅を焼いているお店で食べてほしいです。ぜんざいは餅で決まります。

みんなこんな感じで座って食べるか、歩きながら食べてます。

ちなみにこの日は快晴。

めちゃくちゃエモい写真が撮れました。

結論

これはおすすめ。ぶらぶらしているだけでも面白いです。

朝早く起きれるかが鍵となります。また、冬はどれだけ寒さをしのげるかにかかっています。近隣の方は、ぜひ一度足を運んでみてください。