ファッション

バックルの個性とレザーの上品さ。MARTIN F. for NEEDLES の「QUICK RELEASE BELT」

紳士のたしなみアイテム、ベルト

一言に「ベルト」と言っても、フォーマル・カジュアルなど場面によっての使い分けが必要だったり、革やナイロンなど様々な素材があったりと多種多様。
それ故に手の抜けないアイテムだと思います。

今回紹介するMARTIN F. for NEEDLESQUICK RELEASE BELTは、カジュアル寄りですが、フォーマルな場でも使用できる上品さを兼ね備えています。

なおかつ個性的なバックルと来たら、ヘビロテ確実。それではご覧ください。

MARTIN F. for NEEDLESとは

NEEDLES(ニードルズ)は、NEPENTHES(ネペンテス)の創立者である清水慶三がデザインを手掛けるメンズブランドです。

アクの強いアイテムが多く、僕の大好きなブランドの一つ。

NEPENTHESは、東京とニューヨークを拠点としたセレクトショップ。

オリジナルブランドも展開しており、NEPENTHES、SOUTH2 WEST8、ENGINEERED GAREMENTSなど、さまざまなテーマのラインがある。

初代革職人の引退により生産中止となっていた「QUICK RELEASE BELT」弟子のMartin Faizeyマーティン・フェイジー)に生産依頼し、復活しました。

QUICK RELEASE BELT

バックル

QUICK RELEASE BELTの魅力といえば、この特徴的なバックル。
元々は英国の消防士が使用していた、消火用ホースを固定しているベルトの金具をモチーフにしたそうです。

名前の通り、パーツを外すだけで「素早く取り外し」できるようになっています。
僕は胃腸が弱く、トイレに駆け込むことがよくあるので、この素早さはとても重宝しています。

また、金属は真鍮素材なので、使い込んでいくと表面が酸化して独特の味わいが出てきます。

購入当初はピカピカでしたが、今はややくすんだ控えめな光り方をしています。
革だけでなく、バックルにも経年変化を楽しめるのは使っていて嬉しいポイント。

もちろん、フォーマルな場面で美しく光らせたい!という場合には、市販の金属研磨剤や磨き布などで優しく磨けば、またピカピカになります。

優れた機能性が、個性的で美しいデザインに繋がっている、最強バックルです。

ベルトの余りを留めるループ部分にも、メロンパンみたいな謎の刻印があり、気に入ってます。

レザー

ベルト部分には、牛革の中でも高い耐久性・独特の光沢と美しさを持ったブライドルレザーが使用されています。

ブライドルレザーとは、タンニンやロウを職人達が丹念に染み込ませて、繊維を引き締めた革のこと。

購入して5年程度使用した状態。
よく使用する穴を中心にシワや傷が入っていますが、まだまだコシがありしっかりとしています。

どんどん使い込んで味を出していきたいです。

裏にはひっそりとNEEDLESの刻印。

革の切り口部分、コバの処理もしっかりしています。
黒くコーティングされており、毛羽立ちはありません。

装着感

装着感は、一般的な革ベルトと大きく差はないと思います。

歩いている途中、屈む時などにバックルが外れないか心配される方もいますが、バックル部分に強く接触しない限り、外れたことはないです。

むしろベルトをパンツに通して、ベルト穴に固定する際にバックルが外れてしまうことは何度もあります。
ここは慣れなので今ではありませんが、最初は手こずるかもしれません。

腰回りに極上の一本を。

今回紹介したQUICK RELEASE BELTですがデニム・スラックス・コーデュロイなど、どのパンツにも合いすぎて、購入後かなり高頻度で使用しています。

ファッションにトレンドがあるように、ベルトもその時代によって魅せ方が変わると思います。
ただ、芯のある革ベルトというのは、どの時代の紳士にもマッチするのではないか…と勝手に思っています。

ぜひ、長く愛せる極上のベルトを。