家具

機能性 + 拡張性 + 無骨さ = 最強。工業用スチールシェルフ

棚をお探しの人にぜひおすすめしたいのが、工業用スチールシェルフD&DEPARTMENTで購入しました。
工場や倉庫などでハードに使用されてもいいように、しっかりと作られているので実用性は抜群。

  • 棚1つの耐荷重は80~100kg
  • グラつきが少ない
  • 高さ、奥行きのサイズを選択できる
  • 固定位置によって棚板間の高さ調節ができる
  • 棚板は後から追加購入可能
  • キャスターをつけたり、収納用品を使用することで更なる進化を遂げる
  • シンプルで無骨なデザインのため、恐ろしくかっこいい

これだけの好条件があって、買わない理由がありません。

工業用スチールシェルフ

中身はこんな感じ。

  • 棚板 × 4
  • 支柱 × 4
  • ボルトとナット × 大量
  • 支柱の足につけるキャップ × 4
  • 一番上と一番下の棚板を強力に止めるプレート × 16
  • スパナペンチ

作成

説明書が入っていて、カラーでとても分かりやすかったです。

まずは支柱の足にキャップを。

これで、床に傷がつくのを防げます。

ここからしばらく、器材たちを横に寝かせて作業してます。

上下の棚板は外れたらやばいので、プレートをかましてボルトとナットで仮止めします。

完全に締め上げてしまったら、角度や高さの調整が出来ないので、甘めに締めましょう。

上下とも仮止めしました。

ここからは状態を起こして、高さを調整しながらボルトを締め上げます。

ここでは壁に押し当てながらしました。そうすると垂直がわかりやすいそうです。

ボルトを締め上げたら、次は棚板を取り付けましょう。

このようなフックを4点に設置し、棚板を固定します。

こんな感じ。中側からと外側からバージョン。

スッと棚板を支柱の中に入れ、上から押さえます。これで出来上がり。

棚を移動させたい場合は、板を外してフックを好きな高さに取り付け、再度板を乗せるだけです。

超絶完成版。直線的なラインが美しいです。

斜めからもいい感じ。

こういうラックってぐらつくイメージがあるんですが、ビビるほど全くぐらつきません。
また、武骨なのですが、家具として浮くことなく、インテリアと調和します。
それは程よい光沢感であったり、ちょうどよいグレーの色調であったり、細かなポイントの積み重ねだと思います。

以前は、食器用として、オープンラック風に使用していました。

現在は、このように本の収納と、小物置きとして活用しています。

どのように使用しても、不思議とこなれ感が出るのが最高です。
インテリアがインダストリアル系でも、ナチュラル系でもハマりますし、植物などグリーン系と合わせても、無機物との対比でハマるでしょう。
つまり万能です。
棚をお探しの方は、ぜひご検討ください。