住まい

「BESSの家 高松」に行ったらわくわくしすぎて家を衝動買いしそうになった

僕は普段、「GO OUT」という雑誌を愛読しています。
その中で、ほぼ毎号「BESSの家」という家紹介の特集が何ページか組まれています。
ログハウスベースで木材をふんだんに使用しており、アウトドア大好き民の心に刺さる内容です。
こんな家いいなーと漠然と思っていたら、香川県内に展示場があるとのこと。いきました。

「BESSの家 高松」

最初に亀が出迎えてくれました。

入り口からの風景。すでにわくわくしている自分がいる。

1軒目 BESSドーム

王蟲を彷彿とさせるような外観。

ここは受付の役割で、アンケートを書いた後サイトマップをもらいました。

「もちろんここも見学できますよ。写真も自由に撮ってください」とのことなので遠慮なく。

家の中に螺旋階段は男のロマン。

上がった先にはベンチ。このカホンかっこよすぎませんか。欲しい。

ドーム型だと窓の付き方が面白い。どうやって掃除するのかはわかりません。
壁から天井に至るまで、三角形パネルで形成されていました。

2軒目 クールカントリー

正面から撮るのを忘れていました。一番右の家です。

横からの図。ブラキオサウルスが庭にいました。

中。半分が土間で靴のまま、もう半分が靴を脱いで上がるリビング。 そして土間には暖炉。
アウトドア好きが憧れる要素で構築されています。

こういうまっ平らな洗面台って憧れる。おしゃれかつ掃除も楽そう。

ベッドルーム。爽やかな朝しか迎えられない。やっぱり木に囲まれた暮らしって良いですね。

階段を上がったら趣味のスペースが。ミシンを使って裁縫したり、革小物を作成したりするのでしょう。
そんなスペース作ってみたいです。

こども部屋。左手にははしごがあり、上には人一人寝れるくらいのスペース。

こんなんが子どもの頃あったら、絶対はしゃぎまくって落ちて怪我してた。

2階からの風景。土間があるとヌケ感ができて良いですねー。

3軒目 ワンダーデバイス

外観がカクカクしててかっこいい。車庫には絶対にラングラーかディフェンダーを置きたいやつです。

内装は反則です。ラフでタフな感じが表現されてます。

書斎。頭の中に描いていた理想の書斎がそこにありました。

今回1番気に入ったキッチン周り。OSBボードを要所に使用し、配置は可動できる棚板。
ディスプレイにも使いやすさにも考慮されてる。

これも1番気に入った洗面台。真っ平ら & 2面 & 照明かっこよいの3連コンボ。

そして当たり前のようにある暖炉。ログハウスには本当によく似合う。

階段周りはアイアン使用してるのがにくい。

階段上がって2階の空間。魅せ方うますぎませんか。ハンモックで昼寝したい。

チェックのベッドシーツってアメカジっぽくていいですね。

テラス。ずっと借家暮らしなので、テラスというもの自体に憧れます。

2階からの風景。
やはりログハウスがベースなだけあって、1階にいても2階にいてもみんなで空間を共有出来る作りになってる。
左手に写っている生物は、柱にからみつくイカ。

4軒目 G-LOG

サザエさんのエンディングの時にみんなが駆け込む家。

完成された内装&暖炉。家族団らんしながら、火をくべてみたい。

この接ぎ木の感じがもろログハウスでテンション上がります。

2階はくつろぎスペース。チルするためだけに存在します。くつろぎましょう。

またもやはしごが。

屋根裏。ここに電源を引いて、64のスマブラ大会をする部屋にしよう。

説明のところに「超ベランダ」って書いてあった。たしかにめっちゃ広いしなんでもできそう。
ガーデニングスペース、ヨガスペース、夜飲みスペース…想像すると、何にしても良きです。

結果

・行ってよかったです。住宅展示場みたいなのは行ったことなかったんですが、めっちゃ楽しかった。

・「土地1000万、家2000万くらいを考えておいたらいいかもしれません」とのこと。宝くじ当てましょう。

・カードにスタンプを押してくれて、全国のどこのBESS展示場に行っても1つ必ずもらえて、5つ貯まれば記念品をくれるらしいです。それはなんですかと聞いてみましたが、「お楽しみで」と大人な対応をしていただけました。他のところにも行ってみようと思います。

・週末などはイベントもやっているみたいなので、見るだけ参加するだけでも行ってみましょう。ここのスタッフさんは全然ゴリ押し感なく、逆にこんなにほっといて大丈夫かくらいなのでゆったりと見れます。